ブラックがカードローン利用できない理由とは

カードローンを利用していない人でも一度は耳にしたことのあるブラックリストという言葉。実はブラックリストというものは存在していないって知っていましたか?

消費者金融や銀行では、お金を貸すときに個人信用情報期間というところからあなたのカードローン利用履歴やクレジットカード利用履歴(いわゆるクレヒス)を取り寄せます。

このクレヒスに問題があるかないかであなたの信用を計っているということです。

つまり、ブラックの人をリスト化しているということはせず、私達の個々の信用を必要なときに取り寄せて信用情報を確認しているんですね。

ここでは信用情報に「異動」が付いてしまった方のことをブラックと表現して、ブラックの方のカードローンリ利用について紹介していきます。

異動情報の付いたブラックの方の信用がどんな状態にあるのか、お金は借りれるのかをみていきましょう。

ブラックはカードローン利用できるのか

残念ながらブラックの方は正規の貸金業者や銀行のカードローンを利用してお金を借りることは難しいといえます。

ブラックがカードローン利用できない理由は至ってシンプル。

お金を貸しても返済してもらえないと判断されるから。

カードローンや高額の買い物をするときのローン。
クレジットカードの審査を行うときには個人信用情報センターというところから、あなたの借金の情報やクレジットカード利用などの情報を取り寄せます。

CICやJICC、全国銀行個人信用情報センターなどの信用情報センターにはあなたがお金を借りた履歴が保存期間の満期になるまで全て登録されているのです。

どこか1箇所でお金を貸してもらえないような重大な過失を犯してしまった場合には、貸金業を営む全ての業者にその情報がいきわたっていると考えてください。

このひとは債務整理をして借金を踏み倒す人だと思われたらお金を貸してもらえるわけがありません。

ブラックに寛容なカードローンがあれば、そのカードローンでお金を借りることができるかもしれませんが、ブラックの方はテレビCMをだしている
・プロミス
・アコム
・アイフル
・モビット
・バンクイック
・レイク
などの大手カードローンサービスからお金を借りることはできないでしょう。

信用情報センターに登録された異動情報は時間が経たないと消えることはありません。

あなたがブラックであるなら、あなたの信用が回復するまではお金を借りることができないと考えておきましょう。


異動の付いた信用情報って?

ブラックの人は信用情報に異動という情報が記載されている状態です。(異動は地位や勤務地など、人の動きを指す言葉です。)

貸金業において信用情報に異動がついているということは「この人の信用は他の人と信用が違うから注意して!」という注意書きがされている状態ということです。

ブラックの方はわざわざリストップされているわけではなく、個人の信用情報の原本に要注意のスタンプを押されているんですね。

お金を借りる時やクレジットカードを発行するときには100%あなたの信用情報を取り寄せてあなたの信用状態を確認します。

返済の遅れが頻繁にある人やお金を貸してといってきた友人がその他の友人にも同時にお金を借りていたらあなたはお金を貸そうと思いますか?

当然返ってくる保証や信用がないので貸したくありませんよね。

信用情報に異動が付いているということはお金が返ってくる保証がないと証明しているようなものです。

その為、異動スタンプの付いているブラックの方は銀行カードローンはおろか、大手消費者金融でもお金を借りることが困難な状況にあるといえます。

ブラックになるとカードローン利用は出来なくなるの?

ブラックだからといってカードローンの利用ができなくなるということではありません。

しかし、条件のよい銀行や大手消費者金融でお金を借りることはほぼ不可能です。

銀行カードローンは言わずもがなで審査が厳しく、返済のリスクを負った人にお金を貸しませんし、大手消費者金融も危ない橋を渡らないでも新規で安心してお金を貸せる人に貸すだけで十分利益を出すことができます。

その為、ブラックの方は異動情報が消えるまでは条件の良い銀行カードローンや大手消費者金融でお金を借りることはできないと考えておいたほうがよいでしょう。

ではブラックでお金をかりるならどんなところで借りれるのか。

ブラックでお金を借りたいならブラックにお金を貸した実績のある中小企業の消費者金融でお金を借りるしかありません。

中小企業の消費者金融は大手の消費者金融とは違い顧客集めに奔走しています。

その為、ある程度返済の余地があると判断されればお金を借りることができることもあるのです。

ただ、中小企業も商売として貸金業を営んでいます。

申し込みブラックなどの軽いブラックならまだしも、多重債務で返済の余地がなかったり踏み倒しの履歴が残っていると借りることはできないといえるでしょう。