個人事業主はカードローンで融資を受けれるの?

個人事業主がカードローンを利用して融資を受けるとき。借りたお金を使う目的は事業資金個人的な資金(生活に困っている。旅行。冠婚葬祭。家電製品の購入等。)のどちらかのはずです。もちろん個人事業主でも個人向けの銀行カードローンを利用することができますし、事業者であることから事業向けローンの利用もあると思います。そんな2種類の利用目的があると認知されている個人事業主がお金を借りるときにはどんなところで審査を受ければよいのでしょう。
使用用途によって変わる個人事業主の借入先。ここではおすすめのカードローン紹介と融資審査にについてまとめています。

個人事業主が融資を受けるためのおすすめのカードローン

個人事業主のあなたが借入を考えたとき、あなたが借りたお金をどのように使いたいのかでおすすめするカードローンが変わります。
というのは個人向けのカードローンでの借入となると、行政の管轄に違いが出るため事業資金に借りたお金を使用することができないからです。

ということは必然的に
・私的な利用は個人向けカードローン
・事業用利用は事業資金用のビジネスカードローン

でお金を借りないといけないことになります。
隠れて個人向けのカードローンでお金を借りて事業資金にまわしている方もたくさんいるようですが、これは銀行カードローンや消費者金融の利用規約に反する事実です。
よほどのことがない限りは借りたお金の使い道がばれることはありませんが、万が一個人向けカードローンでの事業資金利用がばれたときには利用停止になり、今後その銀行カードローンや消費者金融からの信用がなくなることを意味します。

あなたが借りたいお金はリスクを犯してまで借りたいお金ですか?
個人事業主のあなたがお金を借りるならちゃんと利用用途に合わせた借入先を選んで借入をするようにしましょう。

そんなあなたにプライベート用と事業用の2つのケースに合わせたおすすめのカードローンを紹介します。

個人事業主の個人利用に使いたい銀行カードローン
個人事業主であるあなたが個人利用として使いたいカードローンには2種類のものが存在します。
2種類ある理由は「今すぐに使える利便性の高いもの」と「先々を見据えた後の利便性の高いもの」があるから。お金を借りたいと思っているあなたは当然すぐにお金を借りたいでしょう。
でも、カードローン利用は1回で終わることの方が少ないです。そのため、今現在余裕があるなら先の利便性を考えた銀行カードローンを選んだほうが賢い選択だといえます。

余裕のあるあなたにおすすめな個人向けカードローン

 


オリックス銀行カードローン


>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 得意な貸付
1.7%〜17.8% 800万円 高額融資

高額の貸付を得意としているオリックス銀行カードローン。
高額貸付が得意と言っても、最初の借入でいきなり何百万円というような高額を借りれることはあまりありません。

そのため、今後もカードローン利用をする可能性があるなら今のうちにオリックス銀行カードローンを利用して信用を積み上げておくのがおすすめです。

個人事業主であるあなたは将来きっと今とは比べ物にならない所得を手にするでしょう。
そんなときにちょっとしたもの入りである程度まとまったお金が必要になった場合、オリックス銀行で高額のお金を低金利で借りることができたら良いと思いませんか?

借入までに少し時間がかかってしまうのがネックですが、将来のカードローン利用を考えるなら間違いなくオリックス銀行カードローンがおすすめです。

>公式HPはこちら<



今すぐ借りたいあなたにおすすめな個人向けカードローン

 


三井住友銀行カードローン


>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 得意な貸付
4.0%〜14.5% 800万円 即日融資

少額融資から高額融資に至るまで幅広い層の利用者を対象にした貸付を行っている三井住友銀行カードローン。
三井住友銀行カードローンのメリットは何と言っても口座を持っていなくても即日で借入ができる点です。

ぱっと見のスペックで見るとオリックス銀行カードローンよりも勝っているように見えますが、実際のところ高額を借りたときの金利設定はオリックス銀行カードローンの方が有利です。
そのため、三井住友銀行カードローンの利用は少額をすぐに用意したい方におすすめをしています。

審査の難易度などは変わりありませんが、個人事業主のあなたがすぐにお金を借りたいなら消費者金融よりも銀行カードローンの三井住友銀行カードローンがおすすめです。

>公式HPはこちら<


個人事業主が借入できるカードローン

個人事業主がお金を借りるとき、個人利用の為に借りるなら銀行カードローンでもお金を借りることができます。しかし、事業資金のお金を借りようとするときにはサラリーマンや主婦が利用するような個人向けカードローンに申し込みをすることはできません。
通常、銀行カードローンは融資するお金の利用の仕方を制限していません。これは、個人向けカードローン銀行カードローンがフリーローンや多目的ローンなどと呼ばれている所以でもあります。しかし、いくらフリーローンの個人向け銀行カードローンでも事業資金にだけは利用してはいけないと明言をしています。

個人事業主は事業資金を借りるときに個人向け銀行カードローンを利用することができない以上、事業資金として借りることができるのは事業資金用に用意されているローンか日本政策金融公庫を利用するしかありません。しかし、日本金融政策公庫は国が運営している団体なので、審査が銀行カードローンよりも厳しく、綿密な事業計画書を元に貸付金額の提示をされます。実績がない。先の見通しがあまり立っていない。審査に通る可能性が低いなどの状況から、銀行や消費者金融。クレジットカード会社のビジネスローンを利用する方が多いといえます。

個人事業主の融資審査の基準

個人事業主がお金を借りるときに気になるのが融資を受けるときの審査に通過できるかどうか。個人事業主は、個人向けローンの審査で言えば属性の低い立場にあるので、銀行カードローンの審査に不利に働くこともあります。そんな個人事業主の個人向けカードローン審査と、事業資金融資審査について借入をする前に予習をしておきましょう。

個人事業主が個人向けカードローンの審査を受けるとき、重要なのは安定して収益を出すことができているかどうか。事業主のあなたは現在経営している事業の動向によって収入が増減していきます。個人向けカードローンの審査の最低基準は安定した返済ができる人かどうかという点です。その為、安定して収益を出していけるかどうかが審査に通る肝となります。

次に事業資金融資について。
事業資金融資を受ける際にはその事業がどのような動向でいくらお金がかかり、いつの段階で完済できるか等。事業計画の綿密さとその事業でどの程度の利益を上げることが可能かを明確な数字で表せるかどうかが審査時の重要なポイントです。審査時に突っ込まれるような不安点がいくつもあればまず審査に通ることはないでしょう。また、個人事業主の方の中にはWワークで安定した収入を得ている方もいます。現在会社員をしながら個人事業で経営を行っている方は、個人向けカードローンの審査の要領でいけば属性が高く、審査に有利に働くようにも見えますがそうではありません。事業融資の審査ははあくまでもその事業に投資する価値があるかどうかを見られる審査です。あなたの収入が今現在安定しているかどうか。あなたの信用に傷があるかどうかよりも事業の計画性を重視して融資を行います。

個人利用の借入はあなたの属性と信用が。
事業資金の借入はあなたの事業が成功する見込みがあるかどうか。
この2点が個人事業主が融資を受ける際の審査に重要になるポイントです。