100万円・200万円・300万円の高額融資は受けれる?

人によって事情は異なりますが、100万円・200万円・300万円といった高額融資を受けたいということもありますよね。

100万円〜300万円、それ以上のお金を借りるなら間違いなく銀行カードローンを選ぶべきです。

消費者金融だと総量規制の縛りがある為、300万円という高額の融資を受けようと思ったらあなたは900万円以上の年収を担保しなくてはいけません。

なので、借りれる可能性があるとしたら銀行カードローンのほかにありえないのです。

また、100万円・200万円といった高額のお金を借りるにはそれなりの信用や属性を担保している必要もあります。

高額融資を受けるということはハードルが高いということを念頭に、100万円・200万円・300万円という高額融資を受けるのにおすすめのカードローンと、高額融資を受けるためのポイントを紹介していきます。

※おまとめローンのための高額借入を希望している場合は通所の高額借入とは審査基準が異なる場合があります。

100万円以上のお金を借りるならどこがおすすめ?

100万円・200万円・300万円というような高額なお金を借りるとき、あなたはどんな借入先が候補に挙がっているでしょうか?

借りたお金の使い道次第ではカードローンではなく、マイカーローンなどを利用したほうがお得だといえますが、カードローンを探している以上、あなたのお金の使い道はその他のフリーローンでは賄えないということですよね。

高額なお金を借りるなら、総量規制という法の制限の範疇外にある銀行カードローンがおすすめです。

所得に関係なく、場合によっては高額のお金を借りれる可能性が大きいからです。

そんな高額のお金を借りるのにおすすめなカードローンはこちら

オリックス銀行カードローン

三井住友銀行カードローン


高額融資を受ける際に気をつけたいこと

高額融資を受けるときに気をつけたいことは、金利を甘く見ないということです。

たかだか数パーセント。
たかだか0.5%。

そんな甘い考えをしてないた人が今までにどれほどいたでしょうか?

高額融資の際の数パーセントの金利差でどれほどのお金を損するのか。

あなたの目で確かめてください。


・金利10%のA銀行
・金利12%のB銀行

この2つの銀行からそれぞれ100万円を借りた場合を例にして2%の金利差の大きさを実感してもらいましょう。
※100万円の最低返済額は多くの銀行で2万円と設定しています。ここでは返済額を完済まで2万円とし、金利負担がどれほどかかるのかを見てもらいます。

A銀行の場合
金利12%で100万円を借りて毎月2万円の返済を行うと、完済するまでに67ヶ月かかります。
そんな67ヶ月間2万円を返済し続けた利息合計がこちら

291225 円


B銀行の場合
金利12%で100万円を借りて毎月2万円の返済を行うと、完済するまでに72ヶ月かかります。
そんな72ヶ月間2万円を返済し続けた利息合計がこちら

384761円

たった2%の金利差で最終的に借金がなくなるのが半年近く早くなり、金利負担も合計で10万円近くも低くなるんです。

この浮いた10万円をもっと効率の良い返済にまわせたらどれだけ速く返済が済んだことでしょう?

2%の重み、わかっていただけましたか?

金利は借りる金額が大きくなればなるほど重要性が格段に上がります。

高々数パーセントの金利はあなたの人生を狂わす数字になるかもしれません。

100万円・200万円を超える借入をするなら

年収が600万円を超えるような方なら100万円・200万円といった金額なら場合によってはすぐに借りることができるかもしれません。

しかし、今の世の中年収600万円を稼ぐのがどれほど大変なことか。。。

そう、所得が低いと100万円・200万円を借りるのもとても大変なことですよね。

所得が低い方が100万円・200万円というお金を借りようと思ったら、通常なら初回の申し込みで借入することは難しいと言えます。

その為、これだけの金額を借りようと思ったら借り方も工夫しなければいけません。

借り方を工夫するというのは、複数社に申し込みをすると言うこと。

現状であなたの借入状況が1社もない場合、100万円の借入をするなら2社を。

200万円の借入をするなら3社の申し込みをしてみて下さい。初回の借入で100万円を越える限度額を設定されることはまずありえません。

その為、50万円ずつや、70万円ずつで複数社に申し込みをすることで高額の借入ができる可能性があります。

しかし、その為には申し込みの仕方も工夫したほうがよいといえます。

複数社に申し込みをするということは、申し込みブラックになるリスクを孕むということです。

申し込みブラックというのは、短期間に複数の会社に審査申し込みをしたことで信用情報に「申し込み」の異動情報を記載されることです。

申し込みブラックになると、申し込みブラックの異動情報が記載されてから半年間はどこの貸金業者に申し込みをしても審査に通ることはありません。

200万円を借りるときの3社申込がギリギリのラインなので、下手をしたら3社の申し込みで申し込みブラックになる可能性もあります。
高額すぐに借りるのは危ない端を渡ることになることもしっかりと理解して置いてください。

少しでもリスクを減らすなら申し込みをする日時をずらすのがおすすめです。

例えば今日50万円の借入申し込みをして、1ヶ月後にのこりの50万円を借りることができれば100万円借りれたことになります。

申し込みブラックは審査の可能性を自分で潰してしまう行為です。

確実性を求めるなら1ヶ月ごとに50万円の借入の申し込みをしてくださいね。

300万円以上の借入はどこでしたら良いの?

300万円以上のお金を借りようと思ったらあなたの属性かなり高める必要があります。

例えば年収400万円の人が300万円を借りたとしたら、その金額はあなたの年収の75%の金額となります。これでは300万円の借入が難しいことは理解できますよね。

しかし、300万円以上の借入をするのであれば、可能性があるなら銀行カードローンしかありません。

ただ、通常であれば初回借入で設定されるカードローン限度額の上限は100万円以下。

今現在あなたがカードローン利用をしたことがないという状況であるなら一度に1社から300万円以上のお金を借りることは難しいでしょう。

その為、もし可能性があるとしたら200万円を借りるときに紹介した複数社から借りる方法が現実的です。

ただ、この場合には1社当たりの借入金額も大きくなるので、少しのミスが審査の命取りになりかねません。

審査申し込み時にには最新の注意を払って申し込みをするようにしてくださいね。