カードローン借り換えにおすすめなカードローン

カードローン借り換えはあなたの生活を一変させる希望の一手です。
しかし、一歩間違えればあなたの首を絞める可能性もある諸刃の剣でもあります。
借り換えによって金利・返済額が減少すればあなたの毎日は明るいものとなりますが、借り換え先を間違えてしまうことで今よりも借金苦が増加してしまう可能性があるからです。
ここではカードローン借り換えを成功させる秘訣や、借り換えに最も向いているカードローンを紹介します。あなたの借金による悩みを少しでも軽減できる情報を集めましたので、少しでも気になったら参考にしてみて下さい。

借り換えなら
オリックス銀行カードローン

 


>公式HPはこちら<


金利 最高限度額 求めている顧客
1.7%〜17.8% 800万円 おまとめ・借り換え顧客

おまとめや借り換えの審査に今最も積極的な姿勢を見せていると言っても過言ではないオリックス銀行カードローン。

少額の借り換えを行う場合にはその他の銀行カードローンでの借り換えの方が特になるかもしれませんが、それでも消費者金融からの借り換えなら損をすることがないといえるカードローンです。

広告画像からも伝わってくるおまとめや借り換えに対する熱意は他のカードローンと比べ物になりません。

借り換え先に迷っているならオリックス銀行カードローンがおすすめです。

>公式HPはこちら<


※消費者金融では100万円以内の借入だと最高金利である18.0%近くの金利設定をされることが多いですが、銀行カードローンでは金額が上がるごとにちゃんと金利を考えてくれます。
最高金利の数値だけを見ると、100万円以内の借り換えはオリックス銀行カードローンでする意味がないと思ってしまいますが、消費者金融よりも顧客のことを考えた金利設定を用意してくれるはずです。

カードローン借り換えの審査は甘い?厳しい?

カードローン借り換えというのは、あなたが既に審査に通った借入額を他の銀行カードローンや貸金業者から借りて返済を行う借入のことを指します。

借り換えローンの審査といえど、通常のカードローン利用の審査と違うことは何もありません。
ということは、既にお金を借りることができているあなたは審査通過に値する信用や属性だということが判断できます。

カードローン借り換えの審査が甘いのか、厳しいのか。
あなたの状況によって変化する審査の厳しさについてみていきましょう。

借り換えローンの審査の厳しさ

カードローン借り換えの審査の厳しさはそんなに厳しいものではありません。

なぜ厳しくないのか。

それは、あなたが同じ額の借入の審査通過ができている事実と、ちょっとしたからくりが隠されているからです。


現在では借金をするときに銀行カードローンを利用する方が増えましたが、
お金を借りるときの第一候補となる借入先は、ほとんどの方が消費者金融ですよね。

しかし、消費者金融はすぐ借りることはできても金利が高く、返済に困ってしまうこともしばしば。
そんなときに使われるのがカードローンの借り換えです。

消費者金融よりも低い金利でお金を借りて消費者金融の借金をなくしてしまおうとしてるわけですから当然借り換え先は銀行カードローンになると考えられます。

実は借り換え審査がそんなに厳しくない理由には

消費者金融⇒銀行カードローン


という借入先の変更が鍵を握っています。


現在、銀行は消費者金融の顧客を銀行の顧客にしようと動いていることをあなたはご存知でしょうか?

実はいま、銀行はカードローン業務に非常に力を入れており、消費者金融の顧客を銀行カードローンの顧客にしようと必死になって動いています。

その為、
銀行カードローン⇒銀行カードローン
という借り換えよりも
消費者金融⇒銀行カードローン
の借り換えの方が審査に有利に働くことがあるのです。

銀行カードローンの思惑があるからこそ、カードローンの借り換え審査を有利に進められることもあるのです。

でもそれでは消費者金融からの借り換えじゃないと審査が厳しいのではないか?
そうおもいますよね。

そんなことはありません。
銀行は今でこそ預金業務をメインに行っているように見えますが、もともとは金貸しをメインとしていた金融業者です。

当然、その他の銀行から返済能力を見込まれたあなたは借り換え先の銀行でもお金を借りることができる可能性が高いと判断できます。

ただ、借り換えをするときにおすすめなのは、
『うちの銀行で借り換えをしてください!』
とアピールしている銀行カードローンを選ぶこと。

借り換えをして欲しい銀行カードローンなら、他の銀行カードローンよりも借り換え審査を積極的に行ってくれます。
カードローンの審査はスコアリングで行われるものですが、その銀行・審査担当者の心象で審査通過の可否が決まることもありえます。

審査の甘さや厳しさを気にしているなら、借り換えに積極的にな銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。

グループ会社への借り換えはできるものなの?

現在、大手消費者金融のほとんどは銀行グループの参加に入っている状況ができてしまっています。

そんな中で、グループ傘下である消費者金融から親会社である銀行のカードローンに借り換えを行おうと考えることもあるのではないでしょうか?

結論から言うと、グループ会社への借り換えは信用や利用状況に問題がなければ可能です。

しかし、いくつか確認をしてから借り換えの審査を受けたほうが良い場合もあるので、グループ会社への借り換えは下調べをしっかりとしてから行うようにしてください。

グループ会社への借り換えを行う際、確認したいことは

・今までの利用実績
・残債の額と年収のバランス

の2点。

あなたは今までにカードローン利用を誠実におこなってきたでしょうか?
なにも問題を起こさずに誠実に利用してきたというあなたはグループ会社への借り換えには問題はないといえます。

しかし、返済遅延を行ってきたり、債務整理を行ったことがある場合には要注意です。
返済遅延が信用情報に記載されるケースは、遅延を始めてから2ヶ月以上延滞している場合です。

遅延が2ヶ月だと信用情報に登録されていない可能性もありますが、3ヶ月を超えたら確実に異動情報が登録されます。

ここで重要なのは、
あなたが返済遅延を何回行っているか。
遅延の期間はどれくらいだったかということ。

信用は信用情報センターに登録されている情報のみではありません。

金融業者は各々で自社のデータベースを持っているため、信用情報センターに登録はしていなくとも自社のブラックリストとしてあなたの情報を登録していることがあります。

そのため、グループ会社のデータベースにブラックの情報が登録されているにも関わらず親会社に審査申し込みをしても、同じ系列の保証審査に通過することは難しいといえるでしょう。

同じグループの銀行に借り換えをしようと考えているなら、保証会社は当然系列会社である消費者金融が担うこととなります。

保証会社から保証が受けれない限り、グループ内での借り換えはまずできませんので注意してください。


次に残債と年収のバランスについてです。

借り換えを考えている方に多く見られる形は消費者金融から銀行カードローンへの借り換え。
しかし、ここで確認したいのは銀行カードローンから消費者金融へ借り換えを行うケース。

稀なケースなのでほとんどないといえますが、この場合には総量規制が問題になってくる可能性があります。

例えば年収330万円の方が銀行カードローンで150万円の借金をしていて消費者金融に借り換えをしたいと考えた場合。
借金が年収の1/3を超えているため総量規制の対象となります。

しかし、仮に消費者金融に借り換えをすることで返済負担が一方的に軽くなるのであればそれは総量規制の例外にあたり、借り換えをすることが可能です。

ほとんどありえない話ではありますが、頭の片隅にでも置いておいてください。

知っておきたい豆知識
現在消費者金融で借入をしており、増額に失敗したことから借り換えや他社借入を検討しているケースもあると思います。
そういった場合にグループ会社から融資を受けることが可能なのかという点で不安を抱えている方もいらっしゃいますよね。

そんな場合にはあなたが増額申請している現状で、消費者金融からの借入が年収の1/3を超えていないかどうかをチェックしてみてください。
純粋に信用情報から審査に通らなかった場合、グループ会社での借入は難しいといえますが、総量規制の関係で増額ができなかった場合にはグループ会社での借入が成功することもありえます。

あなたの状況と照らし合わせて借り換え、他社借入を検討してくださいね。

グループ会社の早見表
銀行 傘下の金融業者
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
じぶん銀行
アコム/三菱UFJニコス
三井住友銀行 プロミス/モビット
※アイフルやライフティはグループ参加には入っていません。


借り換えって普通の借入とどう違うの?

カードローン借り換えとは、既に他社から借りている借金を他の貸金業者から借りたお金で返済する方法のことを指します。

その為、既に借金をしていること。借金の返済の為に借金をすること。の2点で通常の借入と異なるといえます。

借り換えは通常の借入とは違うといったものの、借り換えには様々なケースが考えられます。

借り換えの基本となるケースは

・1社から借りている借金を別の貸金業者に借り換え
・複数の貸金業者から借りている借金を1社に借り換えする方法

の2つの借り換えのケース。

それぞれの借り換えがどんな状況でどのように行われるものなのかを見ていきましょう。

1社から借りている借金を別の貸金業者に借り換え
1社から借りている借金を別の貸金業者に借り換えするケースでは、現在借入している貸金業者よりも金利負担の低いところへの借り換えとなります。

そのため、消費者金融で借入をしている方は銀行カードローンに。というように審査難易度がぐっと上がるところへ借入の申し込みをする必要が出てきます。

しかし、あなたの信用やカードローン利用に問題がなく、属性的にも問題がなければこの借り換えは特に失敗することもなく成功するでしょう。

誠実に申し込みをし、借り換えのための借入であることを素直に伝えることで借り換え審査に通過する可能性を広げることができます。

基本的には金利負担が減るところに借り換えをすれば返済金額の減少も見込めるので、借入先の選択の幅はとても広いといえます。

複数の貸金業者から借りている借金を1社に借り換えする方法
複数の貸金業者からの借金を1つの借入先に借り換えする方法は、沢山の貸金業者から上限金利に近い金利で借りている借金を1つの借入先に集中させることで金利の減少が狙える借り換えです。

しかし、先に挙げたケースよりも借り換え先の選択しが狭まる為、成功させるのが難しい借り換えでもあります。

まず言えることは、審査が甘いといわれている消費者金融での借り換えをすると金利負担が下がることはあまりないので選択肢としては銀行カードローンのみとなってしまうこと。

それに加え、銀行カードローンと言っても借り換えの審査を積極的に行っている銀行とそうではない銀行があるので、銀行カードローンの見極めをする力が求められます。

複数社からの借金の総額となると、それなりに高い金額が借金総額であると思われるので、借り換え審査を積極的に行ってくれる銀行カードローンでないと審査通過は期待ができません。

また、借り換えに積極的な銀行カードローンでも金利設定に違いが見られまので、金利が下がる期待ができないところで借り換えをしても無意味です。

ここまで言えば借り換え先の選択肢がが相当少なくなることが分かりますよね。

ただ、この借り換えは成功すると金利負担・返済総額・月々の返済額が減るだけでなく、返済期間が減るというメリットしかない借り換えとなります。

リスクや関門が多い借り換えではありますが、成功したときのメリットがとても大きい借り換えです。

借り換えに積極的な返済負担の減少が期待できるカードローンで借り換えをすることで成功させることが審査通過のこつです。

借り換えにおすすめなのは銀行カードローン?消費者金融?

借り換えを行うとき、銀行カードローンと消費者金融のどちらにするか迷うときもあると思います。

基本的に借り換えをおすすめするのは銀行カードローン。

借り換えをする目的は返済を楽にするためなので、金利の高い消費者金融に借り換えを行うのはおすすめできません。

というよりも、消費者金融から消費者金融への借り換えはほぼ無意味ですし、銀行カードローンから消費者金融への借り換えは金利負担が増えてしまうので損をする借り換えになってしまうのです。

でも、場合によっては消費者金融で借り換えをしたほうがよいこともあります。

例えばあなたが50万円の借金をアコムからしていたとします。
50万円くらいの借金だと、基本的に最高金利か最高金利よりも若干下の金利で借入しているはずですが、おそらく年利17.5%以下になっていることは少ないといえるでしょう。

そんなときに審査が早く借り換えしやすいのがアイフルの借り換えMAX。

年利18.0%でアコムから借入している場合、借り換えMAXで借り換えを行うと最高金利は17.5%。
ちょっとだけ金利を下げることができますね。

でも、これは審査に通過する自信のない方におすすめの借り換え方法です。

基本的には借り換えは最高金利が14.5%前後の銀行カードローンで行うのがよいといえます。

カードローン借り換えをしたら借り換え前のカードは使えない?

カードローン借り換えをした後に、借り換え前のカードが使用できるのかできないのかというのは気になる点ですよね。

結論から言うと、
借り換え前に使用していたカードは使用できます。

カードローン借り換えといっても、借り換えのときに行われる手続きは
・新規借入
・返済
の2つの手続き。
あなたの手元にお金は行きませんが、借り換えを行うことによって今まで利用していたカードローンの借金の返済を行うだけです。

その為、借り換えを行っても以前に使用していたローンカードはそのまま使用できてしまうんです。

カードローン借り換えの失敗で起きやすいのは、古いカードを使用した追加の借入です。
借り換えをして返済が楽になったことで、お金に余裕ができたと勘違いしてしまう方が多くいます。

その結果、借り換えをする前に利用していたカードローンで追加の借入をしてしまい、借金の状況をもっと悪化させてしまうことが多くあるのです。

カードローン借り換えが成功したら、今まで使用していたカードローンの解約手続きを済ませるか、ローンカードをはさみで切って使用できなくしましょう。

借り換えが成功したなら、半年間借り換えをしたカードローンを利用すればそのカードローンを増額させることも可能です。

借り換えは自分のお金が増えるものではないことを覚えて置いてくださいね。