在籍確認なしのばれないカードローンはどこ?

カードローンを利用するとき、どうしても家族にばれたくない。職場にばれたくない。という気持ちが出てしまいますよね。カードローン利用の印象が良くなってきたとしてもまだまだ借金に対する世間の印象は良いものとは言えません。
そんなばれずにカードローンを利用したいと考えたとき、在籍確認という壁が立ちはだかります。在籍確認なしのカードローンがあればこんなことは気にしなくても良いかもしれませんが、在籍確認はあなたが職場に在籍をしていて返済能力があるかを確かめる大切な手続きです。在籍確認が取れなければあなたが職場に属していることはおろか、ちゃんと稼いでいるかどうかも疑われてしまいます。在籍確認は特殊なケースを除いて100%行われるということを念頭に、バレないカードローン利用の仕方について確認していきましょう。

在籍確認ってなんの為にあるの?

先に少し触れましたが、在籍確認はあなたが職場に在籍していること。返済能力を有しているかどうかを判断する為に行われるものです。したがって、在籍確認は法律によって定められているわけではなく、カードローンサービスを提供している銀行や消費者金融が貸し倒れにならないかどうかを判断する為にあるものだと言えます。在籍確認が行われるケースはカードローンやクレジットカード発行、住宅ローンやマイカーローン等の契約申し込みをした時。クレジットカード発行時以外のお金を借りるという行為を行うときにはほぼ100%電話で在籍確認が行われます。※在籍確認の電話に本人が出た場合、ついでに本人確認や借入意思の確認が行われる場合もあります。

一般的に在籍確認はカードローン利用者が不利益を被る手続きだと思われていますが、実はカードローン会社もリスクを負う行為だということを理解しておいてください。利用者の収入や経歴などの真偽を確認する為の手続きですが、在籍確認は個人情報保護法・銀行法・貸金業法に触れる可能性のあるリスキーな手続きなのです。
カードローン商品を提供する銀行と消費者金融は銀行法(銀行カードローンに適応)と貸金業法(消費者金融・クレジットカード会社・信販会社に適応)の定めに則って営業を行っています。銀行法や貸金業法には、第3者にカードローン利用や口座の設立などの取引内容を伝えることを固く禁じた定めがある為、これに触れた場合には利用者から訴えられる可能性があるからです。万が一在籍確認で本人以外が電話に出た時に「カードローン契約の件でお電話しました。」「消費者金融の○○です。」などと言ってしまったら違法行為となってしまいます。※在籍確認電話時に取引内容・社名をカードローン会社が言わず、同僚に問い詰められカードローン利用がばれた際にはカードローン会社には非はありません。
どうしてリスクを冒してまで在籍確認をするのか。それはバブル崩壊時に多発した貸し倒れを防ぐ為です。返済能力のない人にお金を貸したところで1円の利益にもならないばかりか、貸した分だけ損をしてしまいます。貸金業は慈善事業ではありませんので、利益の出ないことはしないというわけです。
在籍確認でカードローン会社が把握できることは
・あなたの所属勤務先の大まかな所得
・あなたの所得
・あなたの返済能力
・あなたの信用
の4点。
この4点がはっきりすることで初めてあなたにお金を貸すことが出来るかを判断することが出来るのです。

在籍確認なしで借りれるところはあるの?

在籍確認なしでお金を借りれるところはほぼ100%ありません。ほぼと付けるのは稀に在籍確認がないこともあるからです。しかし、通常なら100%在籍確認は行われるので、在籍確認なしという万に一つの可能性に期待するよりは在籍確認でカードローン利用がばれる心配のないカードローンでお金を借りたほうが懸命でしょう。
在籍確認で勤務先にカードローン利用がばれないようにするには、書類の提示で在籍確認が終了する借入先でお金を借りる方法がおすすめです。今ある在籍確認の方法(電話・書類)の中では書類提示で在籍確認を行うことが職場に最もばれにくい方法だと言えます。

書類提示でカードローン利用ができる借入先はここ!