カードローンとキャッシングは何が違うの?

カードローンとキャッシング。どちらも同じ意味合いとして使われることの多い言葉ですね。広い定義で言えばカードローンもキャッシングもお金を借りるという意味で同じですが、詳細をみると両者には大きな違いが見られます。
CMではカードキャッシングなんて言葉が使われたりもして分かり辛くなってしまっているカードローンとキャッシングの違いについて紹介して行きます。

カードローンとキャッシングの意味と違い

現在使われるキャッシングという言葉の意味は、多くの場合、クレジットカードについているお金を借りる機能のことを指します。
それに対してカードローンは消費者金融や銀行が提供するお金を借りる為に必要なカードを発行して、そのカードを用いお金を借りるサービスのことを言います。

両者共にお金を借りる方法のことですが、キャッシングとカードローンにどのような違いが見られるのでしょう?

カードローンとは?メリットとデメリット

カードローンとは、ローンカードを発行して無担保でお金を借りるサービスのことを指します。もちろん銀行口座に振込みでお金を借りれますが、ローン用のカードを使用することで限度額の範囲内なら手軽に何度でも借入と返済ができるためカードローンと呼ばれています。
カードローンの大きな特徴は高額のお金を高すぎない金利で長期にわたって借りれる点。基本的にカードローンを利用して借りたお金の利用用途は制限されておらず、どんなことにも使用できるお金が借りれるというところに利便性があると言えます。※利用用途はカードローンサービスを行っている貸金業者によって異なる場合があります。

カードローンのメリットはローンカードを発行して持っているだけで審査で決定した限度額の範囲ならいつでも借入ができること。土日祝日や年末年始など、急な出費がかさむ時期にもATMの稼動しているときならすぐにお金を借りることができるのでとても利便性が高く、1枚ローンカードを持っているだけでいざというときの備えができるという点です。
逆にデメリットは手軽に現金を引き出すことができる為使いすぎてしまうことがあること。今では消費者金融のカードローンには規制がかかっており借りすぎる心配はあまりなくなりました。しかし、銀行カードローンには借入できる金額の規制はかかっていません。消費者金融は法の下で規制があり、銀行カードローンは利用者の属性をしっかりと審査で見極めるので借りすぎの心配はあまりありませんが、それでも簡単にお金が引き出せるということで大きな借金を抱える可能性があることです。

カードローンは長期の分割返済が可能なので、現在では最も人気のある主流のお金の借り方であるといえます。

カードローンと消費者金融はどこが違うの?

カードローンと消費者金融。

借金に馴染みのない方からすると、2つは違うものだと捉えがちですが、基本的には同じものです。

別のものだと解釈している場合、それは
・カードローンは銀行からお金を借りるもの
・消費者金融は消費者記入から借りるもの
といった漠然とした内訳をしているのだと思います。

両者共お金を借りる形態としては

・振込み
・ローンカード利用

のどちらかとなります。
今はミナミの帝王の様にキャッシュでお金を借りるということはほとんどありません。

キャッシュでのやり取りがあるとしたら、怪しげな街金からの借金や闇金からの借金だと思っておいて良いでしょう。

銀行カードローンも消費者金融も、お金を借りるときに振込みを選択したら基本的にローンカードが発行されることはありません。
※手元にカードがある状態でローンカードを使用しないで振込みによって借りれるカードローンもあります。

ですが手軽に借りるにはローンカードの使用が必須の為、両者共ローンカードを発行して借りることが多いようです。

なので、カードローンという言葉には銀行カードローンと消費者金融どちらの意味も含まれると思っておけばいいですね。

キャッシングとは?メリットとデメリット

キャッシングとは、本来はカードローンも含めたお金を借りるという大きな枠で使われる言葉です。
その為、カードローンでキャッシングをするときにはカードキャッシングなんていうこともあります。

ただ、現在でいうキャッシングはカードローンと借りるときの形態が異なります。
キャシングの大きな特徴は、ほとんどのキャッシング業者が利息制限法で定められるMAXの金利でお金を貸すところ。
高利での貸付となるので、クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるときには少額の金額を借りて1回で返済することが賢い利用方法だとわかりますね。

キャッシングもキャッシングカードやクレジットカードを使ってATMやCDを使用してお金を借りることができるので、キャッシング機能をつけたクレジットカードを持っているだけで生活の安心感が増すといえます。

キャッシングのメリットは既に持っているクレジットカードを利用して借りることもできるので借りたいときに審査の申し込みをしなくても良いという点です。
例えば病院に行って手持ちがないときに必要な額を審査なし(カード発行時に審査が済んでいる為)で借りることができます。後は家に帰って返済をすれば利息も微々たる金額で済みます。

デメリットは金利が高く、長期の借入に向いていないこと。キャッシング利用は長期の返済を考えていないことが多く、大体が利息制限法に定められるMAXの金利で設定されてます。その為、高額な金額をキャッシングで借りてしまうと返済するときの利息負担が増えてしまうのです。お金を借りるという点で考えればカードローンもキャッシングも同じことですが、今後お金を借りる機会があると感じている方はキャッシングよりもカードローンで借りたほうがよいと言えます。